埼玉腹膜透析ネットワーク│人工透析・血液透析│

ネットワークインタビュー
CKD/PDイベントスケジュール

リンク集

ネットワークインタビュー

さあ!食事療法スタート

このホームページを知り合いに紹介

動画

埼玉腹膜透析ネットワーク
埼玉医科大学病院
総合診療内科

特定非営利活動法人ビーヘルシー

腎臓病なんでもサイト

ネットワークインタビュー

PDナースのためのステップアップ研修「続報」

ステップアップ研修の風景
ステップアップ研修の風景

アンナ
今回のステップアップ研修の内容について教えてください。
星野さん
今回のステップアップ研修では、適正透析、PET検査をテーマに行いました。
PD患者さんに適した透析を実施することはQOLの向上、継続期間の延長に繋がりますし、腹膜の状態を定期的に見ていくためにPETは有効な検査です。今回も参加者の皆さまが、ご施設に戻ってすぐに実践できるような内容にしました 。
アンナ
適正透析をするうえで看護師の役割とはどの様なことですか。
星野さん
患者さんの処方を決定する際、データだけでなく、身体状況、生活環境などを考慮して決定していくことが重要です。看護師は患者さんに関する情報収集を行い、医師と共に総合的な判断で適切な透析を提供していく役割を担っていると思います。
アンナ
これからのPDナースに求められるものは何ですか。
星野さん
患者さんの透析効率や徐水量を把握し、且つ看護の視点から患者さんの身体面、心理面、社会面を考慮し、患者さんにとって最適な治療内容を提案できるような知識や技術が求められていると思います。
アンナ
今後益々、PDナースの役割が重要になってきますね。これからの盛り上がりが楽しみです。また取材させてください。
今日はお忙しい中、ありがとうございました。
[ 取材協力 川口市立医療センター 星野文子さん ]
PDナースのためのステップアップ研修を開催

ステップアップ研修の風景
ステップアップ研修の風景

アンナ
今回のステップアップ研修Tの内容について教えてください。
野口さん
今回のステップアップ研修ではPDシステムを中心とした内容にしました。PDは患者さんの認知度が低いことが示唆されておりますが、同様に医療スタッフの認知度も低いと感じています。この研修を通して、看護師の皆さんにPDへの関心をもってもらうことやスキルアップ向上のための機会として研修を開催しました。私たちが、研修を開催する上で一番考慮した点は、教科書や講演だけでは身に付かない実践の場として、来て頂いた看護師の皆さんに必ず器械に触れ、実際に動かしていて頂くように配慮したことです。
アンナ
APD療法のメリットは何ですか?
野口さん
私の考えるAPDのメリットは、患者さんのライフスタイルの向上だと考えています。CAPDと比較して日中のバッグ交換を気にする必要がないため行動範囲が広がり、仕事や学業が普通にでき、旅行なども楽しんでいただける点です。そして、女性は体型の変化を気にされることが多いと思いますが、APD療法により昼間の透析時間を減らしたり、貯留しない事により腹部の張りが目立たなくなる点です。また、医学的メリットとしてAPDによる夜間中の注排液の増量によって透析効率が向上する点です。
アンナ
今後の展開について教えてください。
野口さん
次回はステップアップ研修Uとして、PD看護について夏頃開催する予定です
PD患者さんの保存期〜維持期の看護師の関わりを中心に、実践に結びつく内容にしたいと考えております。
 その後は秋頃にステップアップ研修VとしてPDに必要な適正透析や検査データの見方などを企画する予定です。
アンナ
今後の取り組みが楽しみです。今日はお忙しい中、ありがとうございました。
[ 取材協力 おおしまクリニック 野口かおりさん ]